【チモプトール、ミケランなど】β遮断薬【点眼薬】

スポンサーリンク
緑内障

他の点眼薬はこちら!

種類

現在発売されているのは

先発品成分名)※単剤

チモプトール、チモプトールXE、リズモンTG(チモロール)

ミケラン、ミケランLA(カルテオロール)

ぺトプティック、ぺトプティックエス(ベタキソロール)

二プラノール、ハイパジールコーワ(ニプラジロール)

ミロル(レボプロノール)

 の5成分。

作用機序

毛様体に入る輸入動脈血管に存在するβ2受容体を遮断し、血管を収縮させて眼房水の産生•供給を減少させる

➡️眼圧低下

瞳孔径や焦点調節などには全く影響を与えない

 

ちなみに参考として毛様体に存在するα1受容体とβ2受容体への刺激は

α1受容体…毛様体血管の収縮➡️眼房水排泄低下(眼圧上昇

α2受容体…細胞内cAMP減少➡️眼房水産生低下(眼圧下降

β1受容体…毛様体血管の拡張➡️眼房水産生促進(眼圧上昇

β2受容体…β1の作用に加え、毛様体筋弛緩➡️眼房水排泄低下(眼圧上昇

 の役割がある。

えふえむ
えふえむ

β遮断薬はβ1とβ2の受容体を遮断するので眼圧は下降させる方向に働くで。

 

用法

基本は

基本は1日2回

ただし…

粘稠性を持たせて持続性を向上させているものは

1日1回

こちらの4種類ですね。

(チモプトールXE、リズモンTG、ミケランLA、ミロル)

 

こむこむ
こむこむ

プロスタグランジン関連薬のように【色素沈着やまつ毛の伸びなどの副作用防止のために洗顔前にする】ということはしなくていいので、点すタイミングは12時間以上あいてれば、いつでも点して問題ないです

 

薬剤別特徴•副作用

チモプトール(チモロール)

β遮断非選択性

眼圧下降効果は他のβ遮断薬よりかは優れる。コンプライアンス向上のため1日1回タイプのチモプトールXE、リズモンTGが発売されている。

副作用

局所副作用:眼痛や充血など。

全身副作用β遮断非選択性により、β1遮断➡️心疾患悪化、β2遮断➡️気管支喘息悪化を引き起こすので、これらの病気を持つ人は禁忌となっている

 

ミケラン(カルテオロール)

β遮断非選択性

コンプライアンス向上のため1日1回タイプのミケランLAが発売されている。

副作用

局所副作用:眼痛や充血など。

全身副作用:チモプトール同様、心疾患、気管支喘息を悪化させる

 

ぺトプティック(ベタキソロール)

β1選択性

β2受容体には作用しにくいため、気管支喘息患者でも投与可能(慎重投与)

副作用

局所副作用:眼痛や充血など。

全身副作用β1遮断を遮断することにより心疾患を悪化させる

 

二プラノール(ニプラジロール)

β遮断非選択性

α1受容体遮断作用あり。

α1受容体遮断により眼房水排泄促進の作用もある

副作用

局所副作用:眼痛や充血など。

全身副作用心疾患、気管支喘息を悪化させる

 

ミロル(レボプロノール)

β遮断非選択性

α1受容体遮断作用あり。

α1受容体遮断により眼房水排泄促進の作用もある

ニプラジロールと同じような作用、副作用を持つが、こちらは1日1回で投与可能

副作用

局所副作用:眼痛や充血など。

全身副作用心疾患、気管支喘息を悪化させる

 

えふえむ
えふえむ

β遮断薬は心疾患、気管支喘息には気をつけて調剤やな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました