2020-03

潰瘍性大腸炎

レクタブル2mg注腸フォーム 特徴、使い方など

定期的にペンタサ錠を服用している患者さんが来局 患者 今日は新しい薬が出ていると思います。 えふえむ そうなんですね(なになに?) あ、レクタブルですね。 患者 前使っていたペンタサ注腸よりも使いやすいと先生が...
適応外

重曹錠単独処方 がんに使う?

今回は驚いた処方から あるクリニックから 重曹錠500mg 単独で処方されていました。 えふえむ 胃酸過多で使われるのか…?それでも重曹単独って珍しいなぁ と思いながら投薬 えふえむ 今日はどうされたんで...
利尿薬

サイアザイド系 利尿薬 特徴

高血圧治療薬 まとめ  尿細管における遠位尿細管でナトリウムイオンと水の再吸収を抑え、尿として水分を排泄しやすくして体内の水の量を減らす作用をあらわす。体内の水の量が減ることによって、むくみや血圧などが改善する。...
スポンサーリンク
利尿薬

K保持性利尿薬 特徴

高血圧治療薬 まとめ↓ 作用機序・特徴 遠位尿細管と接合集合管のアルドステロン依存性Na-K交換部位でアルドステロンの作用に拮抗し、Naの再吸収とK分泌を阻害して、腎臓における利尿効果を示す。 心肥大...
利尿薬

ループ系利尿薬 特徴

高血圧治療薬 まとめ 作用機序・特徴 ヘンレ・ループ上行脚において、Na/K/2Cl共輸送を阻害することによりNa+とCl-の再吸収を抑制して、強力な利尿効果を示す。 こむこむ ループ系でNa⁺再吸収...
泌尿器系薬

排尿障害、高血圧治療薬 ~α1受容体遮断薬 特徴~ 

作用機序・特徴 交感神経に関わるα受容体はα1受容体とα2受容体に分かれ、 ・α1受容体は主に血管平滑筋や瞳孔散大筋、尿道、前立腺に分布 ・α2受容体は神経のシナプス前に存在する自己受容体として存在する。 さら...
2020.03.29
泌尿器系薬

排尿障害治療薬〜副交感神経刺激薬〜 特徴

↓泌尿器系まとめ 作用機序 コリン剤は筋肉の収縮運動を引き起こす物質、アセチルコリンと同様の作用を示し、排尿筋を収縮させることで尿を出しやすくする。薬剤自体が直接受容体に作用するので直接型に分類。 コリンエス...
泌尿器系薬

頻尿治療薬 特徴

↓泌尿器系まとめ 平滑筋弛緩薬 作用機序 直接的に膀胱を収縮する筋肉に作用し、その緊張を緩めて膀胱容量を増やす。Ca2+の流入やホスホジエステラーゼを阻害することで膀胱筋を緩める。主に抗コリン作用によって緊張を緩め...
泌尿器系薬

夜尿症(おねしょ)治療薬 ~ミニリンメルト、デスモプレシン~

↓泌尿器系まとめ 作用機序 脳下垂体から分泌される体内で尿量を調節しているホルモン(バソプレシン)の誘導体で腎臓の集合管で尿中の水分が再吸収されるのを促進し、うすい多量の尿ができるのを抑えたり、夜間のバソプレシン分...
泌尿器系薬

泌尿器系の薬

泌尿器・疾患 主な疾患としては 前立腺癌前立腺肥大症腎炎膀胱炎腹圧性尿失禁性機能障害 などなど、腎臓や尿管、生殖器に障害を受けることで発症する。   疾患別 薬剤 種類 前立腺肥大症治療薬 α受容...
2020.03.25
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました