高血圧の治療

スポンサーリンク
利尿薬

どうも!えふえむ(@fmyaku1015)です。

今や高血圧は現代の病気の代表格と言っても過言ではないですね。

高血圧の分類

本態性高血圧

日本人の高血圧の85~90%とほとんどがこれ。原因のはっきりしない高血圧もともと高血圧になりやすい体質や、塩分の摂り過ぎ、肥満、過度の飲酒、運動不足、ストレス、喫煙などが原因で発症すると考えられる。

二次性高血圧

一方、高血圧の10~15%は、原因のはっきりしている二次性高血圧に分類される。ホルモン分泌異常、腎臓疾患、薬剤の副作用などが原因で起こると考えられる

 

血圧の基準値

降圧目標値

どんな人でも正常血圧を目指すのが目標。正常高値血圧以上にあると全ての人において、生活習慣の見直し、改善が必要になってきます。

また、75以上の方や合併症を持っている方に関して、高血圧によるリスクが増加するので75歳以上の方は140/90未満それ以外の方は130/80未満を目指します。

降圧薬の使い方

日本高血圧学会(JSH)による『高血圧治療ガイドライン2014』では、第一選択薬の定義を積極的適応がない場合の高血圧に使用すべきものと示したうえで、降圧薬治療に関して積極的適応がない場合の高血圧に対しては、最初に投与すべき降圧薬としてCa拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬の中から選択すると記載している。

β遮断薬は、第一選択薬から除外されたものの、依然として主要な降圧薬であることは変わりない。心不全や頻脈、狭心症などの心疾患に対しては積極的適応としている。

※2014高血圧ガイドライン

薬の種類

服薬指導

高血圧は自覚症状が極めて少なく、知らず知らずのうちに症状が進行していき、脳梗塞や心筋梗塞を合併するケースも多々ある。なので、処方された薬剤は毎日服用してもらうことが大切である。またコンプライアンスが悪い方は合併するかもしれない病状(心不全、脳出血、脳梗塞、狭心症、腎障害、眼底出血など)について十分に理解させることも大切。薬剤の仕様だけでなく、生活指導もあわせて行う

血圧の測り方

基本は右の上腕で測る。朝と就寝前に測るのがいいとされており、朝は起床時1時間以内、排尿後、朝の薬剤服用前、座位1-2分安静後就寝前座位1-2分安静後、測定前の喫煙、飲酒、入浴、カフェイン摂取は控えるがベスト。

食塩制限

健常者は10g/日未満、高血圧患者はは6g/日未満。とまぁ6g未満ってのはなかなか難しいので、日本では8-9g未満がいいと言われている

ちなみに目標量は男性7.5g/日、女性6.5g/日

カリウムの摂取

カリウムは食塩による血圧上昇や心血管病の抑制効果がある。

目標量:男性3000mg以上、女性2600mg以上

ただ摂りすぎは腎臓に負担をかけるので注意。

飲酒

ガイドラインではエタノールとして男性:20-30ml以下、女性:10-20ml以下とされており、禁止ではなく、減酒が推奨されているだいたいビール一本分が推奨量。推奨量だと、血管拡張作用及びHDL増加による動脈硬化予防が期待できる。

運動

ガイドラインでは運動は毎日30分程度行うようにとされている。基本は少し息が切れる程度の有酸素運動、これを毎日続ければ、降圧作用だけでなく、体重の減量も行える、

ちなみに降圧作用は食事療法>運動療法

副作用について

降圧薬全般に言えるのが血圧の過度な低下によるふらつきがある。

・血圧が低い時の対策

水分を補給する(1時間にコップ1杯程度)、ストレッチを行う(血液循環改善)。

・血圧が低くふらつきが発現した時の対応

体を横にして足を心臓よりも高く上げて、そのまま安静。

コメント

タイトルとURLをコピーしました