婦人用体温計と一般的な体温計との違い

ドラッグストア

どうも、ふみやさんです。

新型コロナが流行りだしたとき、一時期体温計が売り切れになった時期がありました。

そんな中、婦人体温計は少し残っており、時折、普通の体温計と「何が違うの?」「女性しか使えないよね?」とこんな質問もちらほら。

今回はそんな疑問に答えるべく、まとめてみた。

体温を測るのならどちらも使える

結論から言うと「どちらも体温計として使える」という点。

ざっくりその性能を言うと

【体温計】

  • 少数点第1位まで測定(例:36.7℃)
  • 実測式と予測式に分かれる
  • 婦人体温計に比べて安い

【婦人体温計】

  • 少数点第2位まで測定(例:36.72℃)
  • 基礎体温測定に向いている
  • 普通の体温計に比べて高い

とまぁ、婦人体温計は細かい数字まで測れるということなので、おおよその体温を測るだけならどちらでも構わない。

以下は普通体温計と婦人体温計の詳細についてまとめる。

 

普通体温計:実測式と予測式

普通体温計は「実測式」と「予測式」に分かれる。

実測式体温計

実測式はその測定部位が、もうこれ以上、上がりきらない温度まで待つことで体温がでる。

つまり、ワキでの検温なら10分以上、口なら約5分待つことで体温が測定できるという仕組み。

予測式体温計

予測式は実測式の欠点であった「時間」を短縮した体温計。体温の上がり具合を予測することで短時間で測ることができる。わずか10秒~20秒。朝が忙しいパパママもニッコリ。

そして、予測式はしばらく測っていると自動的に実測式に変わる。実測式の機能を持ち合わせているので購入するとすれば、予測式を購入すれば事足りる、ただその分、実測式のみの体温計よりも値段が高い傾向にある。

まとめるとこんな感じ。

【実測式】

  • 測定にある程度時間がかかる(5~10分ほど)
  • 予測式より値段が安い

【予測式】

  • 10~20秒で測定結果がでる
  • 実測式の機能も併せ持つ
  • 値段が実測式よりも高い

 

ちなみに耳で測るタイプもある。

耳式は「耳内温」を測るのだが、そこから発する赤外線の量を測ることで、なんと1秒ほどで結果が出るというもの。小さい子供ちゃんなんかはワキや口にやるには、嫌がることも多いので耳で1秒で測れるならこちらのほうが断然いい。

ちょっと割高だけど、キティちゃんのものもある。

 

婦人用体温計

婦人用体温計は「基礎体温」を測る用に設計していることもあり、小数点第2位まで測定できる。

正常な排卵を行われている健康な女性は低温期と高温期を約2週間ごとに繰り返す。

排卵を行うと高温期に切り替わるわけだが、その体温の差が0.3~0.5とわずかな違いのため、少数点第2位まで測れる婦人用体温計が適している。まとめると

【婦人用体温計】

  • 小数点第2位まで測れるため、排卵時の基礎体温の変化を細かく見ることができる
  • 測るのは口
  • 一般用と同じく体温は測れるが、口で測るため、ワキで測るよりも少し体温が高く出る傾向にあるため、参考程度にすること

やはり、細かく体温を測れるということもあり、お値段はやや張る。といっても妊活には準必須なので、致し方ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました