自己注射する時の消毒はアルコールじゃないとダメ?

OTC医薬品

どうも、ふみやさんです。

新型コロナウイルスが流行りだした頃、エタノール消毒液の需要が供給を上回り、市場から一時期姿を消すなんてことがありました。

そんな中、自己血糖測定などで注射を打つ際に使う、ステリコットのなどの個包装にされているアルコール綿も売り切れるようになり「血糖値を測るときにアルコール綿がない。どうしたらいいか?」「インスリンの注射を打ってるんだけど、アルコール綿が切れて…」という質問もお受けすることもありました。

アルコール綿がない時の対処法

やはり注射部位の感染、化膿防止のためにはアルコール消毒するのがベストですが、どうしてもない場合は以下の対処法で行うとよいです。

  • STEP①
    手洗いを十分に

    石鹸で十分に揉み洗いをして流水で洗い流す。またお腹などで洗えない部分は清潔なタオルを水で濡らして、しっかり絞ってから拭う。

  • STEP②
    注射部位をよく乾かす

    皮膚が十分に乾燥していることを確認する。

  • STEP③
    注射または穿刺する

    極力、注射部位には清潔を意識する

とりあえず清潔にすればよいです。例えば、自己血糖を測られる方で、手に果物の果汁がついていたら、血糖値が高くなりすぎてびっくりすることもあるので十分な手洗いが必要です。

・手に果物の果汁が付いていたらよく洗って

・注射する際は必ず乾燥してから

他の消毒液はどうですか?

「消毒ならイソジンとかオキシドールもあるよね?これで替えは効く?」

このような質問も受けたことがありました。確かに注射する際のアルコールは消毒のためでありますから、ほかの消毒液でもいけるのでは?そんな風に思ってた時期もありましたが、実は注意が必要です。

結論としては「おすすめしない

オキシドール、イソジン、マキロン…などありますが、これらの使用は測定結果に影響が出ることがあります。なので基本はアルコール綿があればそれを使い、ない場合は清潔なタオルで払拭し、乾燥した後に打つのがベストでしょう。

 

現在(2022.11.4)はアルコール綿の流通は十分です。

参考

厚労省 酵素電極法による自己血糖測定器などで偽高値 ヨウ素剤の影響で 使用上の注意改訂指示 | ニュース | ミクスOnline (mixonline.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました