高血圧

高血圧

アムロジピン あれこれ 

降圧薬の中で最も使われているのではないかと思うくらい、日々目にしないことはない薬剤。今日はそんなアムロジピンについて見ていきます。 作用機序 ジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬は膜電位依存性L型カルシウムチャネ...
2021.07.05
高血圧

ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬 特徴

高血圧の治療薬 まとめ↓ 作用機序・特徴 レニン・アンジオテンシン系は血圧をコントロールするシステム。 ACE阻害薬はアンジオテンシンⅠからアンジオテンシンⅡへの変換を阻害することで最終的に血...
2020.07.30
高血圧

アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB) 特徴

高血圧の治療薬 まとめ↓ 作用機序・特徴 レニン・アンジオテンシン系は血圧をコントロールするシステム。 ARBはアンジオテンシンⅡ受容体(AT1)に結合して、アンジオテンシンⅡと拮抗することで...
2020.04.23
高血圧

Ca拮抗薬 特徴

高血圧治療まとめ↓ 作用機序・特徴 血管の収縮・弛緩には血管平滑筋細胞へのCa2⁺の流入が大きな役割を果たしている。Ca拮抗薬は、Ca2⁺の流入を阻害して血管を拡げることで血圧を下げる。 型 ...
2020.11.01
利尿薬

サイアザイド系 利尿薬 特徴

高血圧治療薬 まとめ  尿細管における遠位尿細管でナトリウムイオンと水の再吸収を抑え、尿として水分を排泄しやすくして体内の水の量を減らす作用をあらわす。体内の水の量が減ることによって、むくみや血圧などが改善する。...
利尿薬

K保持性利尿薬 特徴

高血圧治療薬 まとめ↓ 作用機序・特徴 遠位尿細管と接合集合管のアルドステロン依存性Na-K交換部位でアルドステロンの作用に拮抗し、Naの再吸収とK分泌を阻害して、腎臓における利尿効果を示す。 心肥大...
利尿薬

ループ系利尿薬 特徴

高血圧治療薬 まとめ 作用機序・特徴 ヘンレ・ループ上行脚において、Na/K/2Cl共輸送を阻害することによりNa+とCl-の再吸収を抑制して、強力な利尿効果を示す。 こむこむ ループ系でNa⁺再吸収...
利尿薬

高血圧の治療

今や高血圧は現代の病気の代表格と言っても過言ではないですね。 高血圧の分類 本態性高血圧 日本人の高血圧の85~90%とほとんどがこれ。原因のはっきりしない高血圧。もともと高血圧になりやすい体質や、塩分の摂り過ぎ...
2020.11.01
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました