泌尿器系薬

泌尿器系薬

排尿障害、高血圧治療薬 ~α1受容体遮断薬 特徴~ 

作用機序・特徴 交感神経に関わるα受容体はα1受容体とα2受容体に分かれ、 ・α1受容体は主に血管平滑筋や瞳孔散大筋、尿道、前立腺に分布 ・α2受容体は神経のシナプス前に存在する自己受容体として存在する。 さら...
2020.03.29
泌尿器系薬

排尿障害治療薬〜副交感神経刺激薬〜 特徴

↓泌尿器系まとめ 作用機序 コリン剤は筋肉の収縮運動を引き起こす物質、アセチルコリンと同様の作用を示し、排尿筋を収縮させることで尿を出しやすくする。薬剤自体が直接受容体に作用するので直接型に分類。 コリンエス...
泌尿器系薬

頻尿治療薬 特徴

↓泌尿器系まとめ 平滑筋弛緩薬 作用機序 直接的に膀胱を収縮する筋肉に作用し、その緊張を緩めて膀胱容量を増やす。Ca2+の流入やホスホジエステラーゼを阻害することで膀胱筋を緩める。主に抗コリン作用によって緊張を緩め...
泌尿器系薬

夜尿症(おねしょ)治療薬 ~ミニリンメルト、デスモプレシン~

↓泌尿器系まとめ 作用機序 脳下垂体から分泌される体内で尿量を調節しているホルモン(バソプレシン)の誘導体で腎臓の集合管で尿中の水分が再吸収されるのを促進し、うすい多量の尿ができるのを抑えたり、夜間のバソプレシン分...
泌尿器系薬

泌尿器系の薬

泌尿器・疾患 主な疾患としては 前立腺癌前立腺肥大症腎炎膀胱炎腹圧性尿失禁性機能障害 などなど、腎臓や尿管、生殖器に障害を受けることで発症する。   疾患別 薬剤 種類 前立腺肥大症治療薬 α受容...
2020.03.25
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました